クロノセルの全成分表&解析!副作用が怖いって本当?

クロノセルの全成分表&解析!副作用が怖いって本当?

クロノセルの成分について、こんな不安ありませんか?

肌に悪い成分は入っていない?
敏感肌の場合、ヒリヒリしない?
ニキビ肌、アトピー肌の場合、状態が悪化しない?
できるだけ肌への負担が少なく、効果が高い美容液などで、くすみやシワ、たるみなどをケアしたいですよね。

クロノセルなら、7つの無添加処方に加え、先進型培養研究から生まれた3種類のヒト幹細胞培養液をお肌に数滴なじませるだけで、肌本来の状態へ土台から整え、ハリ・ツヤを実感することができます。

この記事では、クロノセルの全成分を解析して、普通肌の方はもちろん、敏感肌やニキビ肌、アトピー肌の方でも安心して使えるか調べてみました。

クロノセルの全成分の解析結果を今すぐ見たい方は↓下記のリンクをクリックしてみてね。 解析結果の見出しまでジャンプするよ。

▶今すぐクロノセルの全成分解析結果を見る

【関連記事】

クロノセルの成分

クロノセルの成分の中に、肌にに悪い成分や危険な成分は入っていない?

クロノセルは効果が高いと口コミでも好評で、試しに使ってみたいけど、もしも肌に悪い成分や危険な成分が入っていたらためらってしまいますよね。

でも、肌に悪い成分が入っていないか、一つ一つ調べるのってすごく面倒じゃないですか?

そんなあなたのために、クロノセルに配合されている成分を一つ一つ解析してみました。

まずはクロノセルにはどんな成分が入っているのか確認しておきましょう。

クロノセルの全成分表

こちらがクロノセルの全成分表です。

原材料名

水、グリセリン、エタノール、BG、ヒト線維芽細胞順化培養液、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、ヒト骨髄幹細胞順化培養液、ヒトオリゴペプチドー1、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー31、ヒトオリゴペプチドー13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー81、ハイドロキノン、エンテロコッカスフェカリス、グリチルリチン酸2K、アスコルビルリン酸Na、スイゼンジノリ多糖体、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、トレハロース、サリチロイルオクタペプチド-9、アゼラオイルトリペプチドー1、アラントイン、ピリドキシンHCl、スクロース、PPG-デシルテトラデセスー30、テトラヒドロピペリン、1,2ーヘキサンジオール、ポリソルベート80、水添レシチン、EDTAー2Na、フェノキシエタノール、キサンタンガム、カラギーナン、キトサンラウラミドヒドロキシプロピルスルホン酸Na

引用:https://fabius.co.jp/products/chronocell

クロノセルの全成分解析結果

クロノセルのベース成分はグリセリン、エタノール、BGの多価アルコール類で、そこにヒアルロン酸系の成分を加え保湿感をアップしています。

これらのベースに3種のヒト幹細胞培養液と3種のグロースファクター(成長因子)が配合されています。

3種のヒト幹細胞培養液

  • ヒト脂肪細胞順化培養液 → 肌にハリを与える保湿成分
  • ヒト線維芽細胞順化培養液 → 肌にうるおいを与える
  • ヒト骨髄細胞順化培養液 → 肌の土台を整える

3種のグロースファクター(成長因子)

  • EGF:上皮細胞成長因子(ヒトオリゴペプチド-1) → ヒト幹細胞スキンケアで定番の美容成分で肌のターンオーバーを促進し、シミやくすみにアプローチします。
  • FGF:線維芽細胞増殖因子(ヒトオリゴペプチド-13) → コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などにうれしい成分で肌にうるおいツヤを与えます。
  • IGF:インスリン様成長因子(合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31) → 高級サロンでも使用され、近年注目が集まっている成分で肌の土台を整え、ハリ弾力を整えます。

3種のヒト幹細胞培養液と3種のグロースファクター(成長因子)が肌のターンオーバーを促進し、肌を土台から整え、肌本来が持っているハリ・ツヤを与えます。

ヒト幹細胞細胞エキスは効果が高いメリットがありますが、コストが高くなるデメリットがあります。

そのため、他の化粧品ではヒト幹細胞細胞エキスより効果が落ちる植物幹細胞エキスが使われていたり、ヒト幹細胞細胞エキスを1~2種類までしか配合されていないものが多いんです。

しかし、クロノセルはヒト幹細胞エキスを贅沢に3種類も配合されているので、他のヒト幹細胞コスメよりも高い効果が期待できると思います。

さらにこの美容液には、

美白成分の

  • ハイドロキノン
  • アスコルビルリン酸Na(ビタミンC誘導体)

肌の菌活サポート成分の

  • エンテロコッカスフェカリス(EC12)

が配合されています。

ハイドロキノンは美白成分の中で最も有名で、強力な漂白作用があることから、最も美白効果が高い成分として知られています。シミを薄くする働きシミを予防する働きがあります。

アスコルビルリン酸Na(ビタミンC誘導体)は、医薬部外品では美白有効成分として厚生労働省から認可を受けている美白成分で、シミの予防&シミを薄くする&シミを追い出す3つの美白効果があります。

乳酸菌(エンテロコッカスフェカリス(EC12))を美肌菌が食べると、美肌菌がどんどん元気になって、肌の菌バランスを整えてくれます。

さらに、高保湿成分の

  • 植物エキス

肌荒れなどお肌の調子を整えてくれる

  • グリチルリチン酸2K

などの成分も配合されています。

クロノセルは、ターンオーバー促進、高保湿効果、美白効果、抗炎症作用といった、アンチエイジング効果をふんだんに取り入れた美容液になっています。

気になる副作用ですが、先に結論から言いますと、クロノセルに配合されている全成分を調べてみましたが、いずれの成分も普通肌の方は基本的に問題ないことがわかりました。

敏感肌の方は、エタノール、アスコルビルリン酸Na(ビタミンC誘導体)が体質に合わないと、もしかしたら皮膚の刺激になりえるかもしれないことがわかりました。

敏感肌でエタノール、アスコルビルリン酸Na(ビタミンC誘導体)の成分が気になる方は、事前にパッチテストをして皮膚反応を確かめてから使用してみてくださいね。

\ 初回80%OFF特別キャンペーン実施中! /
定期縛りなし!いつでも解約可能!

クロノセルの副作用

クロノセルは効果が高いって聞いたんだけど、副作用が怖いって本当?

クロノセルは効果が高いと実感している方が多い一方で、副作用が怖いと感じる方も少なからずいるみたいですよね。

特に、敏感肌の方はヒリヒリしないか、ニキビ肌・アトピー肌の方は状態が悪化しないか、副作用が気になりますよね。

クロノセルの成分構成は、主成分が水で、アルコール類がベースの役割、そこに美白成分、保湿美容成分などが配合されているといった感じになっています。

その中でも、皮膚の刺激になりえる成分が、エタノール、ハイドロキノン、アスコルビルリン酸Na(ビタミンC誘導体)です。

皮膚感作性(アレルギー性)が起こりえる成分が、ハイドロキノンです。

どのような副作用の可能性があるのか詳しく解説していきますね。

敏感肌の場合、ヒリヒリしない?

クロノセルには、美白成分や保湿美容成分を配合するベース基材として、グリセリン、エタノール、BGが使われています。

グリセリンも、BGも、とてもお肌に優しい成分で、非常に低刺激な成分ですが、2番目にエタノールが配合されています。

エタノールは、油成分、植物エキス、香料などを溶かし込む溶剤・基剤として汎用され、収れん作用や揮発性による清涼感を与えてくれますが、配合量が多いと敏感肌の方は皮膚の刺激になりえます。

– 皮膚炎を有する場合 –

[ヒト試験] 皮膚炎などを有する314人の患者に70%消毒用エタノール(添加物なし)を30分間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に皮膚反応を評価したところ、以下表のように、

皮膚病名試験数陽性数陽性割合(%)
蕁麻疹843541.7
接触皮膚炎16410262.2
脂漏性皮膚炎13969.2
尋常性ざ瘡191263.2
その他361747.2

175人(55.5%)の患者に刺激反応がみられた。70%の高濃度で刺激反応を生じている可能性が考えられたため、70%濃度で刺激反応を示した97人に13%エタノール希釈液で同様にパッチテストしたところ、82人が刺激反応を示した。さらに51人に3%エタノール希釈液で同様にパッチテストしたところ、30人が刺激反応を示した

引用:https://cosmetic-ingredients.org/solvent/65/#ref-list-14、https://www.jstage.jst.go.jp/article/skinresearch1959/28/1/28_1_11/_article/-char/ja/

濃度13%および3%においても皮膚刺激反応が報告されていることから、一般的に皮膚炎を有する場合においては皮膚刺激を引き起こす可能性が低くないと考えられています。

健常な皮膚においては、試験データはないそうですが、日本薬局方および医薬部外品原料規格2021に収載されており、40年以上も溶剤・基剤として使用実績がある中で重大な皮膚刺激の報告がみられないため、普通肌の方は基本的に問題ないと思います。

配合順はグリセリンの次の2番目ということで、それなりの配合量が予想されますので、敏感肌の方はもしかしたら皮膚の刺激になりえるかもしれません。

皮膚感作性(アレルギー性)は、臨床的な皮膚感作報告は非常に少なく、一般的に皮膚感作性はほとんどない(ごくまれに起こる可能性あり)と考えられます。

また、クロノセルには美白成分として、ハイドロキノン、アスコルビルリン酸Na(ビタミンC誘導体)といった美白成分が配合されています。

ハイドロキノンは、強力な漂白作用があることから、シミ取り剤として皮膚科などで処方されるほか、薬局などでハイドロキノン配合の軟膏・クリーム等が市販されています。

メリットとして強力な漂白作用がありますが、デメリットとして濃度が高い場合や長期間の使用により、肌の色が白く抜け落ちてしてしまう可能性や逆にシミの色が濃くなる可能性が少なからずあります。

皮膚刺激性は、2%以下濃度において、ほとんどなし~軽度といった感じです。

皮膚感作性(アレルギー性)は、濃度が高い場合は皮膚感作が起こる可能性があると考えられます。濃度1%以下では皮膚感作が起こる可能性は低いと考えられます。

ハイドロキノンの濃度が高い、もしくは使用期間が長い場合、白斑(肌が白く色抜け落ちること)を引き起こす可能性がありますが、濃度5%程度において白斑が発症したとの報告はされていません。

そのため、皮膚科やクリニックでは、約4%のハイドロキノンを処方しています。また、治療が長期に及ぶときは、半年をめどに休薬期間を設けて治療が行なわれます。

ハイドロキノンの長期間使用によって、シミの色が濃くなる(外因性組織黒変症)可能性が少なからずあります。

外因性組織黒変症について

組織黒変症(Ochronosis)とは、組織に青みがかった黒い変色が起こる色素沈着症状のことであり、少なくとも1%-2%濃度のハイドロキノンを含むクリームの6ヶ月以上の長期使用の結果として、組織黒変症(Exogenous Ochronosis)を伴う可能性があると報告されています。

引用:https://cosmetic-ingredients.org/whitening/%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%88%90%e5%88%86%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%a8%e6%af%92%e6%80%a7/

クロノセルに配合されているハイドロキノンの濃度は、おそらく1%以下のため、基本的に皮膚刺激性は問題ないと思います。念のため白斑や外因性組織黒変症に気をつけて、お休みの期間を設けながら使用していく方が良いかもしれませんね。

アスコルビルリン酸Na(ビタミンC誘導体)は、メラニン還元による色素沈着抑制作用があり、医薬部外品では美白有効成分として厚生労働省から認可を受けている美白成分です。

皮膚刺激性は、ほとんどなし~わずかな刺激ありと報告されているため、皮膚刺激性は、ほとんどなし~わずかな刺激が起こる可能性があると考えられます。

医薬部外品有効成分、10年以上の使用実績、皮膚刺激性ほとんどなし~わずか、ということで、普通肌の方は基本的に問題ないと思います。敏感肌の方はもしかしたら皮膚の刺激になりえるかもしれません。

皮膚感作性(アレルギー性)は、皮膚感作なしと報告されているため、皮膚感作性(アレルギー性)は、ほとんどないと考えられます。

以上をまとめると、いずれの成分も普通肌の方は基本的に問題ないと思います。敏感肌の方はエタノール、アスコルビルリン酸Na(ビタミンC誘導体)が体質に合わないと、もしかしたら皮膚の刺激になりえるかもしれません。

敏感肌でこれらの成分が気になる方は、事前にパッチテストをして皮膚反応を確かめてから使用してみてくださいね。

ニキビ肌・アトピー肌の場合、状態が悪化しない?

ニキビができる原因の一つとして、アクネ菌の増殖があります。化粧品などに含まれているグリセリンなどの成分がアクネ菌の栄養源となり、ニキビができる可能性は少なからずあるのではないかといわれることがあります。

ですが、クロノセルに配合されているエタノールや1,2ーヘキサンジオーは優れた抗菌性があり、肌に塗布する際に一定数のアクネ菌を殺菌してくれます。また、グリチルリチン酸2Kは優れた抗炎症作用があり、にきびや肌あれなどの炎症を抑えてくれます。

アスコルビルリン酸Na(ビタミンC誘導体)は、優れた抗酸化作用があり、毛穴に詰まってしまった皮脂は活性酸素によって酸化されますが、この酸化を防いでくれるため、ニキビができにくくなります。そのため、基本的にニキビが悪化する心配はないと思います。

アトピーの原因の一つとして、アレルギー体質があります。クロノセルの全成分の中で、皮膚感作性(アレルギー性)の可能性がある成分は、ハイドロキノだけです。

試験データによると、濃度が高い場合は皮膚感作が起こる可能性があると考えられますが、濃度1%以下においては皮膚感作が起こる可能性は低いと考えられます。

クロノセルに配合されているハイドロキノンの濃度は、おそらく1%以下のため、基本的にアトピー肌が悪化する心配はないと思います。

以上をまとめると、普通肌の方も、敏感肌の方も、基本的にはニキビ肌・アトピー肌が悪化する心配はないと思います。

実際にクロノセルを購入して使用した方の口コミでも、

クロノセルの口コミ
  • 肌に合う合わないがあったりしますがクロノセルは肌荒れることなく使えています。
  • 良い点は、アトピーの私でも問題なく使えた点。また肌が荒れてる時でも、滲みる等なく使えました。
  • 超がつくほどの敏感肌の私でも吹き出物が出きず、目に見えてわかる位ハリが出たのと毛穴が小さくなったのか透明感が出て頬やオデコ、顎まで内側から滲みでる艶の光が出てきました。

引用:
https://www.cosme.net/product/product_id/10182400/review/510424000
https://www.cosme.net/product/product_id/10182400/review/508782655
https://www.cosme.net/product/product_id/10182400/review/508235922

と言われています。

クロノセルの口コミ53件中、使用後に肌が荒れたなどといった口コミはわずかに1件だけでした。

ですので、普通肌の方は、基本的には副作用についてそんなに気にする必要はないと思います。

敏感肌でエタノール、アスコルビルリン酸Na(ビタミンC誘導体)の成分が気になる方は、事前にパッチテストをして皮膚反応を確かめてから使用してみてくださいね。

\ 初回80%OFF特別キャンペーン実施中! /
定期縛りなし!いつでも解約可能!

クロノセルが一番安くお得に購入できる販売店はコチラ

クロノセル(chronocell)が1番お得な販売店で購入しました。

クロノセルはどこで買うのが一番お得?

1ヶ月の化粧品代ってけっこうかかるので、できるだけ安くお得に購入したいですよね。

クロノセルを購入できる販売店は、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、Qoo10、クロノセル公式通販などがありますが、どの販売店が一番安いと思いますか?

どの販売店が一番安くお得に購入できるのか、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、Qoo10の最安値価格とクロノセル公式通販のキャンペーン価格を比較してみますね。

通販サイトクロノセル(30ml)
Amazon9,980円
楽天6,150円
Yahoo!ショッピング5,780円
Qoo107,290円
クロノセル公式(通常購入)16,500円
クロノセル公式(定期購入)3,278円

※表示価格は税込み+送料込みとなっています。
※2022年02月18日調べ

ご覧のように、クロノセルの最安値は、クロノセル公式通販(定期購入)であることがわかりました。

今なら下記のクロノセル公式特設ページ限定で、クロノセルが初回限定2,980円(税込3,278円)80%OFFになる特別キャンペーンを実施中です。しかも、たった3秒シミ消しコンシーラープレゼント。さらに、2回目以降もず~と34%OFFの価格で届けてもらえます。

クロノセル初回80%OFF特別キャンペーン特設ページはコチラ

クロノセル定期コースは、クロノセル(約1ヶ月分、30ml)が指定した間隔で送料無料で届くコースになります。お届け回数の縛りがないので、いつでもお電話にてカンタンに解約が可能です。

▶解約の条件を確認する

2回目以降の商品受け取りからは、自分のペースに合わせて、いつでも周期変更、休止、再開などの手続きが可能です。(次回発送予定日の7日前までにお電話にて受付)

初回返金保証も付いているので、万が一自分の体に合わなかったとしても、カンタン申請から全額返金することもできます。最低7日間のご使用のお約束がある点には注意したいですね。

▶初回返金保証の条件を確認する

初回80%OFF特別キャンペーンは、いつ予告なく終了することがあるみたいですので、ぜひこの機会にクロノセルを特別限定価格でお得にはじめてみてくださいね。

\ 初回80%OFF特別キャンペーン実施中! /
定期縛りなし!いつでも解約可能!

【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました